16, 7月, 2019
ローソンのデジタルサイネージ

ローソンのデジタルサイネージ

前回、デジタルサイネージの価値に対して、東京の電車の中に設置されています“トレインチャンネル”を例にとってお話させていただきました。
この度は、価値のお話では有りませんが、皆さまごぞんじのコンビニエンスストア“ローソン”に設置していますデジタルサイネージに対してお話をさせていただきたいとおもいます。
依然、全国全てのローソンに設置されているわけでは有りませんが、ゆくゆくは全ストアー舗を目指しているのでしょう。
初年度はとりあえず、東京のローソン300ストアー舗に設置することを目標といたしました。
都内のかたは、もはやご覧になったかたも沢山でしょう。
元々、デジタルサイネージのお目当ての大半は、来ストアーした顧客が有効だとおもえる特売情報等をその場で提供販売していることに有りますが、ローソンはその部位を
惜しくも発展させてかんがえたわけですね。
それは、デジタルサイネージのそばを落っこちる人にも参加してもらえるような仕掛けを決める・・・という発想でした。
これはどういうことかというと、ストアー舗から遠い立地にいるかたがたの携帯電話にローソンのクーポン情報等を配信することによって、ストアー舗へ来てくれるように仕向けるという手順ですね。
こうして、その情報を見てストアー舗に来てくれたかたがたに対し、FeliCaリーダ、ライタを採用したデジタルサイネージ経由で、クーポンを提供販売しているわけです。
この手順によって、常々はぜんぜんストアー舗に欠ける見込み顧客をも新規顧客に変更することに繋がるのではないかということですのです。
発想の転換でデジタルサイネージの見込みは広がります。

セブンイレブンのデジタルサイネージ

前回は、ローソンのデジタルサイネージに対してお話いたしましたが、この度はセブンイレブンのデジタルサイネージでお話を進めてゆきましょう。
コンビニエンスストアは、我々の生活にとって、最早あったら嬉しい存在になりましたね。
ういういしいかた等は、1日に2度も3度も向かうかたもいらっしゃるやうですよ。
そういう立地だから、デジタルサイネージを設置終了する手は有りませんよね。
セブンイレブンも例外では有りません。
セブンイレブンはコンビニエンスストアの大手だとしても有りますから、デジタルサイネージの導入時期も早めでした。
但し、近頃も未だに全ストアー舗にデジタルサイネージが設置されていないかも知れませんね。
ご覧になったことがないかたも、いることでしょう。
デジタルサイネージの設置立地はレジカウンターの背部ですね。
以来は、気を付けて見てみて頂戴。
セブンイレブンは、近頃、全国に約13000ストアー舗有りますから、この全ストアー舗にデジタルサイネージが設置達することになりますと、一大ネットワークがおこなえ上がることになります。
それほどいたしますと、広告枠を売り渡すこともあるでしょうし、デジタルサイネージからの売上も昇ることになるでしょう。
セブンイレブンは、外国だとしても大きく広く展開していますから、いずれはワールド中のセブンイレブンがネットワークで繋がるようになると予想がつきます。
CMはもう一度テレビだけの時代では消え去り、全ワールドをターゲットとしたデジタルサイネージという真新しい媒体が大切な使命を果たすことになってゆくのでしょう。

駅のデジタルサイネージ

駅という立地は、大半のかたにとってことごとくといって良いほど利用する立地です。
とくに大きな都市では、多くのかたがたが通勤通学に日々みたいに駅としています。
そういうみんな目に付く立地にこそデジタルサイネージを設置する意義が有りますから、近頃は駅構内への設置も急がれています。
とくに市街地におきましては、各鉄道会社の枠を超えて実証実験に取り組んでいます。
駅のなかでトピックされて、なおかつ関心を持ち歩いて受け取れる広告やコンテンツは果たしてどんなものであるのか・・・こんなことを検証する、実証実験メディアとして、“駅デジタルサイネージネットワーク”というものを滑り出しさせました。
近頃のところ、参加している鉄道会社は、JR東ニホン、東武鉄道、東京メトロ、京急電鉄、西武鉄道、東急電鉄、京王、小田急、京成グループ、東京モノレール、都内交通局の11鉄道で、20駅ではの滑り出しでした。
手順といたしましては、各鉄道会社の協力を獲得して、有力駅に共通したデザインのモニターを設置し、駅に相応しい広告やコンテンツを流したり、顔認証システムを用いて、その効き目測定を行ったり、駅構内に適したデジタルサイネージ広告メディアの見込みを検証したのです。
顔認識システムというのは、広告を見た人の数、モニターの前を通過した人数、ひいては広告を見た人の年代や性別などの属性をも検出し、測定したケースいうものです。
これらのデータがあれば、駅構内のデジタルサイネージでは、どんな内容や表現の広告がグングントピック陥るかを定量的に評価することが出来やうですね。
当然データのみが必要ですのですので、画像を保全するこというのは有りません。

自動市販製品機のデジタルサイネージ

デジタルサイネージがついた自動市販製品機をご覧になったことがあるかたは、どの程度いらっしゃいますでしょう。
近頃の自動市販製品機には、デジタルサイネージが付いたものが増加してきています。
兎にも角にも人が多く群がる立地に設置された自動市販製品機には、デジタルサイネージ付きのものが沢山やうですね。
さて、この自動市販製品機に取り付けられているデジタルサイネージは、いかなる使命を果たしているとおおもいですか。
いかなるデジタルサイネージを取り付けているかにもよりますが、多くのケース、顔認証システムが作動するようになっています。
それは、デジタルサイネージのディスプレイの横等に取り付けられた小ぶりカメラがオーダー者の顔をとらえて、目鼻、口、人肌色等を分析しておこないます。
まったく上手装置だということになりますね。
やはり、自動市販製品機でドリンク類をオーダーするかたがたが、女の人であるのか、男性であるのか、そして年齢はいく創らいのかたであるのか・・・こうした情報を獲得するこというのは並べる側にすさまじく大切なことですのでね。
こうして、そのオーダー者の情報に見合った広告をディスプレイで流すことになります。
例えば、20代の女の人と男性それでは過ぎ去る広告がまるっきり異なっていますし、20代女の人と50代女の人であっても、すさまじく異なる広告が流れます。
おんなじかたが2回、3回とオーダーしに行けば、おんなじ広告が漏れるケースも有りますし、異なる広告が洩れるケースも有ります。
例えば、これが20代女の人であるのなら、20代女の人向きの広告が数部類、手配されていて、そのうちのどれかが過ぎ去るというようになっているからです。
デジタルサイネージはちゃんと楽なシステムですね。

ホテルのデジタルサイネージ

コンビニエンスストアや、駅、自動市販製品機等に設置されているデジタルサイネージのお話を通してまいりましたが、まだ他にもデジタルサイネージが大大活躍している立地が多々有ります。
ホテルもその一つですね。
観光旅行や色々なな使途で利用されるシティホテルから、お勤めマンが出張の際によく利用するビジネスホテルまで、ホテルにも色々なな部類が有りますが、何より多くのかたがたが利用する立地だから、ここだとしてもデジタルサイネージを設置したケースころが増加しています。
ホテル内に設置されたデジタルサイネージに洩れる広告がどんなものかと申しますと、例えば、ホテル内のレストランの混雑状況ですとか、調理ムービーによってレストランへ誘導するための紹介、宴会などの催事紹介、ブライダルショー等催事の紹介等が沢山やうですね。
又、旅行者向けといたしましては、交通情報や天気予報、ニュース、ひいてはワールド遺産情報などのコンテンツが手配されているケースも有ります。
ホテルによっては、パーソナル・コンピュータ等を設置して自由に観光情報を検索可能なようにしてくれているところも有りますが、そんなケースであっても、ごご年配のかたがた等パーソナル・コンピュータのハンドリングに慣れていらっしゃらないかたにとりましては、このデジタルサイネージでの情報が甚だ役立つのではないかとおもわれます。
パーソナル・コンピュータで膨大な情報を獲得して、どれどれこれと迷うと比べると、ポイントをおさえた情報を流して獲得するデジタルサイネージのほうが、時間に余裕のないかたにとっては良いかも知れませんね。