23, 8月, 2019
デジタルサイネージをごぞんじですか

デジタルサイネージをごぞんじですか

近ころ、よく耳にするようになりました“デジタルサイネージ(Digital Signage)”をごぞんじですか。
デジタルというキーワードがついているので、電子関連のなにかの言葉だというのは、創造がつきますでしょう。
まだまだ、細かくごぞんじ乏しいかたの為に、本日はデジタルサイネージというものに対してお話いたします。
近頃、あちらこちらのストアー舗等で、テレビ画面という、又はパーソナル・コンピュータ画面というものに、なんらかの広告が流れているのをご覧になったこというのはございませんか。
そういったものを、デジタルサイネージと言います。
今までは、殊更忠告することもなく通り通り越していたかも知れませんが、多分次にご覧になった時折“あっ、これがデジタルサイネージというものだな・・・”と聴こえるのではないかとおもいます。
デジタルサイネージは、違う呼び方けれども呼ばれることが有ります。
例えば、電子広告板、電子看板システム、電子ディスプレイ、デジタルPOP、電子POP、インタラクティブサイネージ、デジタルサイン、デジタル掲示板等ですね。
これらでしたら、ひと創らいは耳にしたことがございますでしょうか。
デジタルサイネージは広告媒体として大好評急上昇なわけですが、どうしてこんな風に大好評が出てきたのかと申しますと、デジタル通信だから、いつだとしても広告内容を受信することが出来ますし、内蔵記憶装置にいっぱいの表示情報を保全しておくことで、必要とあらば秒刻みで表示内容を切り替えたりも出来るのです。
より一層、ムービー表示もおこなう事が出来ますし、多様なムービー広告を展開することも出来ます。
大好評が出て案の定という感覚ですね。

デジタルサイネージの設置立地

デジタルサイネージというものが、いかなるものかに対して、前回の記事でお分かりいただけたのではないかとおもいます。
些か忠告していれば、たえずおでかけしているおストアー等にも設置されているかも知れませんよ。
さて、近頃、デジタルサイネージは、いかなるところに設置されているとおもいますか。
皆さまが最も美しくごぞんじなのは、ビルなどの壁面に設置されたデジタルサイネージではないでしょうか。
あるくらいの大きな街であるのなら、おおよそは繁華街に設置されているのではないかとおもいます。
自分が住んでいる街には、そういうデジタルサイネージがない・・・とおっしゃるかたも、テレビ等でご覧になったこというのはあるでしょう。
あのデジタルサイネージは大きさもたいへん大きいですが、一際ちっちゃなパーソナル・コンピュータ画面くらいのデジタルサイネージも、あちらこちらに有りますので、以後忠告して見てみてちょうだい。
例えば、スーパーであったり、ドラッグストアであったり、銀行やホテル等だとしても見掛けることが有りますね。
ひいては、空港や駅等にも設置しているところが増加しています。
多くのかたがたが、一度は目としているのではないかとおもいますよ。
東京近辺に暮らしているかたや、東京に出張やプレイでいらしたことがあるかたでしたら、電車の車両内のトレインチャンネルをご覧になったことがあるのではないでしょうか。
あれも、デジタルサイネージの一つですのです。
なかなか身近なところに存在するものです。

デジタルサイネージを利用するメリット(1)

デジタルサイネージをご覧になったことがあるかたでしたら、その使い勝手はお分かりのこととおもいます。
他の広告媒体に比べましても、そのメリットはいっぱいあるでしょうね。
本日は、デジタルサイネージのメリットに対してかんがえることにいたしましょう。
ほんとに、デジタルサイネージというのは、通信のネットワークを利用することによって、リアルタイムなハンドリングが可能となっています。
つまりは、画面に映される広告の内容を、随時配信したり、時間等に合わせて変更したりすることが出来るのです。
と、言うこというのは、常に特ダネを提供販売出来るということになります。
現代の情報化一般世間一般におきましては、情報の新しさは最優先項目だとしても有りますね。
皆さま、あるくらい新しい情報を求めているとおもいますし、時流が速いため、目新しい情報でなくては価値がないとすら言えるでしょう。
デジタルサイネージは、こういう時代が反映された広告媒体と言っても良いかも知れません。
大きなのポスターやスクリーン看板等であっても、情報が更新繋がる度に直ぐ取り換えれば済むのですが、取り敢えずそれらを差しかえる手間や時間をかんがえると、デジタルサイネージのほうに軍配がのぼりやうです。
みるみる、ポスターやスクリーン看板ですと印刷ものだから、ムービーものの機動を有する広告を行なうことが出来ないですね。
ものによっては、ムービーのほうが分かるものも有りますから、その点におきましても、やっぱデジタルサイネージのほうが時代に即した広告媒体ということなってしょう。

デジタルサイネージを利用するメリット(2)

前回に引き続きまして、この度もデジタルサイネージを利用するメリットに対してお話を通してゆきましょう。
デジタルサイネージは、広告をリアルタイムで随時配信出来るということや、ムービーが表示出来るということをメリットとしてお話いたしましたね。
デジタルサイネージのメリットは、他にも依然有ります。
デジタルサイネージを設置する立地の風土等に合わせた設定をおこなうことによって、焦点を絞り込んだ広告を発信することも出来るのです。
意義がおわかりでしょうか。
これは、つまりこんな事です。
例えば、あるスポットは過疎化が進み、高齢者がたいへん沢山と仮定ちょうだい。
そうしたケースに、そのスポットの病院やスーパー等に設置されたデジタルサイネージでは、高齢者向きの広告が配信されるように設定しておくのです。
そういたしますと、高齢者向きの広告ばっかりを押し出すことが可能となってきます。
すなわち、このスポットの高齢者たちは病院やスーパーを訪れる度に、自分たちに関係のある広告を確かめることが出来ますね。
役立つような広告があれば、毎度、それを探ることを楽しみにして受け確保するかたも増加してくる。
ただし、高齢者が沢山こんなスポットで、若者向きの広告を流したところで効き目が得られないのは誰だとしても予測がつきますでしょう。
ですので、設定のみで高齢者に合った広告が流れて獲得するデジタルサイネージは、たいへん楽だということになります。
これは一つの例ですが、他にも色々なな使途がかんがえられるとおもいます。

デジタルサイネージを利用するメリット(3)

デジタルサイネージを利用するメリット、本日も続きます。
前回と前々回の記事によって、デジタルサイネージのメリットがお分かり頂けたとおもいますが、この度もさらなるメリットをお伝えいたしましょう。
デジタルサイネージは、わずか一台の表示機におきましても、数多くの広告主に広告の表示枠を秒単位で譲ることが出来るのですね。
デジタルサイネージは、一台につき広告主が自力、ないしは一会社と決まっているわけではないのです。
広告枠はたいへん細く隔てることが出来ますから、秒単位で多くの広告主が利用することが出来るのです。
そのあたりは、広告主にとってのメリットと言えるでしょうか。
人通りの沢山、嬉しい立地に設置してあるデジタルサイネージであっても、誰だとしても利用するチャンスがあるからです。
望ましい立地で自社広告を流すことが出来ることなら、それ程消費者が水準UPことに繋がりますから、大きなメリットですよね。
また結局のところ、広告主のみならず、広告を探るほうにもメリットはあるでしょう。
広告から得た情報によって、色々ななものをオーダーしたケースいうかたは沢山ですので。
今までの広告媒体では静止画が大半で、ムービーと言いましても、所詮おんなじムービーを繰りかえし再生するだけのものでしたが、このデジタルサイネージの登場によって、以来より一層広告の形は向上してゆくことでしょう。
数秒単位で広告枠を譲ることによって、一層いっぱいの広告主に利用してもらうことも出来、見込みははびこるばっかりです。